薄毛はヘルメットでより進行する⁉︎どうやって対処すれば良い?

薄毛

薄毛はヘルメットでもっと進行する?

バイクやマウンテンバイクなど、スピードの出る二輪車ではヘルメットの着用が義務付けられています。

また、作業現場で働く方にとっては命を守る大切な仕事道具です。

しかし、薄毛の方にとってヘルメットは頭部が蒸れてしまうのではないかと不安になってしまいますよね。

実際のところ、ヘルメットを被ると薄毛はもっと進行してしまうのでしょうか?

また、進行するとしたら何が原因で、どう対処していけば良いのでしょうか?

ヘルメットの着用に不安を感じている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

薄毛はヘルメットをかぶると進行しやすくなるのか?

ヘルメットを被ることが薄毛の進行に関係しているのかどうか、まずは結論から述べましょう。

残念ながら、ヘルメットの着用は薄毛の進行を早める原因になり得ます。

とはいえ、頭部を丸出しの状態でバイクやマウンテンバイクに乗ることはできませんよね。

では、どうすれば薄毛の進行を少しでも遅らせることができるのでしょうか?

気になる対処方法を知る前に、まずはなぜヘルメットで薄毛が進行してしまうのか、その理由からご説明します。

ヘルメットによって薄毛が進行する理由

ヘルメットが原因で薄毛が進行してしまう理由は、いくつか挙げられます。

それが、以下の4つです。

  • 頭皮が蒸れるから
  • 頭皮が締め付けられ血行不良を起こすから
  • 頭皮に雑菌が溜まり繁殖するから
  • 摩擦によって頭皮に傷がつくから

これらが、薄毛の進行を早める主な原因です。

パッと見て、なんとなく頭皮に悪そうなのは分かるかと思います。

では、なぜ頭皮に悪いと薄毛が進行してしまうのか、もう少し詳しく解説します。

頭皮が蒸れるから

ヘルメットを被ったときに、一番最初に思い浮かべるのが頭皮の蒸れではないでしょうか?

着用したことがある方は、頭皮が蒸れて冬でも汗をかいたり頭皮が皮脂でべたついたりした経験があるかと思います。

そのまま放置していると、汗や皮脂が毛穴に詰まり、髪の毛の成長を阻害してしまいます。

また、雑菌の繁殖を引き起こして頭皮から臭い匂いがしてしまう原因にもなります。

頭皮が締め付けられ血行不良を起こすから

頭部の大きさよりも小さいヘルメットを使用している場合、頭皮が締め付けられてしまいます。

締め付けられた頭皮は、血行不良を引き起こしてしまいます。

頭皮の血行不良は、髪の毛の栄養不足による抜け毛の原因となってしまうのです。

とくに、着用している時間が長い方は注意が必要でしょう。

頭皮に雑菌が溜まり繁殖するから

常に同じヘルメットを使用している方は、雑菌の繁殖により薄毛を進行してしまう可能性があります。

先ほどもお伝えしたように、着用時間が長ければ長いほど、頭皮の汗や皮脂量が増加します。

その汗や皮脂は、もちろんヘルメットにも付着します。

汚れが付いた状態でそのまま放置してしまうと、雑菌が繁殖してしまいます。

雑菌が繁殖した状態で使用を続けると、頭皮にも雑菌が溜まり抜け毛を引き起こしてしまうのです。

摩擦によって頭皮に傷がつくから

フルフェイスではなく、頭部だけを覆うタイプのヘルメットは、ヘルメットと頭皮の間で摩擦が起きやすくなります。

この摩擦により、頭皮に傷が付くと、炎症や雑菌の繁殖など頭皮トラブルが起きてしまいます。

また、髪の毛自体もダメージを受けてしまうため、抜け毛が起きやすくなってしまうのです。

ヘルメットによる薄毛を対処する方法

以上のように、ヘルメットで薄毛が進行してしまう理由にはいくつが原因がありました。

では、こうした薄毛の進行はどのように防げば良いのでしょうか?

ここからは、ヘルメットによる薄毛を防止する方法についてご紹介します。

その方法とは、以下の5つです。

  • 毎日シャンプーをして汗を洗い流す
  • ヘルメットを清潔に保つ
  • ヘルメットの下に帽子をかぶる
  • 自分にあったサイズのヘルメットをかぶる
  • 育毛剤を使用する

では、それぞれについて詳しく解説します。

毎日シャンプーをして汗を洗い流す

日常的にヘルメットの着用をしている方は、毎日のシャンプーも意識しましょう。

シャンプーが適当だったり、お湯でしっかりと洗い流せていなかったりする方は要注意です。

汗や皮脂が残っていると、頭皮トラブルによる薄毛の原因となります。

とくにヘルメットを被っている人は、被っていない人に比べて汗や皮脂の分泌量が多くなります。

頭皮全体の汚れを落とすように、しっかりとシャンプーをしてくださいね。

ヘルメットを清潔に保つ

また、普段使用しているヘルメットを清潔に保つことも大切です。

清潔に保つためには、定期的に洗浄を行うと良いでしょう。

洗浄方法は、ヘルメット内部の拭き取り→中性洗剤で丸洗い→乾燥です。

乾燥は乾燥機などを使用すると壊れる原因となるため、直射日光に当てて乾かすようにしましょう。

洗浄は面倒と言う方もいるかもしれませんが、薄毛を防ぐためには定期的に行いましょう。

ヘルメットの下に帽子をかぶる

ヘルメットの摩擦による薄毛を防ぐためには、頭部との間に帽子を被ると良いでしょう。

摩擦や汚れ防止のために、ヘルメット専用のアンダーキャップも販売されています。

ヘルメットや帽子を洗うのが面倒と言う方は、使い捨てのアンダーキャップがおすすめ。

ただし、使い捨てのタイプは紙製のものが多いため付け心地のフィット感や汗の吸収率は低くなります。

自分にあったサイズのヘルメットをかぶる

自分に合ったヘルメットのサイズを選ぶことも、薄毛の進行を抑えるためには大切です。

適切なサイズを選ぶためには、まず自分の頭部の大きさを知っておきましょう。

頭部のサイズは、メジャーをおでこの一番高いところから水平にぐるりと一周させて測ります。

頭部の大きさがわかったら、その大きさに合うサイズのヘルメットを選びましょう。

ヘルメットのサイズは、メーカーごとに規格が異なりますので購入時に確認してくださいね。

育毛剤を使用する

最後に、育毛剤を使用した薄毛対策をご紹介します。

育毛剤には頭皮環境を整えて、髪の毛を健康に導く成分が配合されています。

育毛剤にもさまざまな種類がありますが、中には薄毛が進行する原因になる物質を阻害する成分が配合されているものもあります。

今回は、育毛剤の中でもおすすめの商品を3つご紹介します。

3種類の育毛剤の特徴も合わせてご紹介するので、育毛剤の購入を検討されている方はご参考ください。

プランテルEX

まず最初におすすめするのは、プランテルEXです。

プランテルEXは髪の毛のプロである毛髪診断士とスカルプケアサロン、そして製薬会社が共同開発した商品です。

プランテルEXに配合されている成分の中でも、リデンシルは特許出願中の注目育毛成分となっています。

リデンシルには、髪の毛の成長に密接に関わる器官「バルジ領域」を刺激し活性化させる作用があります。

これにより、髪の毛の成長を促し、育毛を促進する効果が期待できるのです。

ただし、人気が高じて商品の供給が追いついていないとのことで、次回の供給は2019年3月を予定しているそう。

気になる方は早めに予約注文をすることをオススメします。

編集スタッフ

2019年3月13日に売り切れが解除され、予約なしで購入することができるようになりました。

しかし、このタイミングで多くの注文が予想されるため、またいつ予約注文に変更されるかわからないとのことです。

※ すでに発送時期が3回延期されております。

定期購入をすれば毎月漏れなく届くとのことなので今のうちにご注文することをオススメします。

公式サイトはこちら
クリックして5〜10秒ほどお待ち下さい

チャップアップ

続いてご紹介する育毛剤は、チャップアップです。

チャップアップには、さまざまな頭皮・育毛ケアの成分が配合されています。

その多くが天然由来成分でできているため、男性だけでなく、女性も安心して使用することができます。

チャップアップの特徴は成分だけでなく、購入時のフォロー体制にもあります。

チャップアップは定期便だけに関わらず、単体購入含め全製品に返金保証制度が設けられています

商品に対する強い自信と、安心感のあるメーカーの対応がチャップアップの強みですね。

公式サイトはこちら
クリックして5〜10秒ほどお待ち下さい

フィンジア

最後におすすめする育毛剤は、フィンジアです。

フィンジアの特徴は、キャピキシルピディオキシジル、2大先進スカルプ成分です。

特にキャピキシルは、育毛を超えて発毛を促す効果が期待できるとして、今注目の新成分。

発毛といえばミノキシジルが有名ですが、その3倍もの発毛効果があるという説も出ています。

それだけの効果が期待できるとなると、副作用の心配もありますよね。

じつは、キャピキシルは植物由来とアミノ酸成分を掛け合わせて作られているため、副作用の危険性がほとんどありません。

肌に優しい成分で、かつ薄毛の改善を目指している方はフィンジアを試してみてはいかがでしょうか?

公式サイトはこちら
クリックして5〜10秒ほどお待ち下さい

まとめ

今回は、ヘルメット着用による薄毛の進行について解説しました。

ヘルメットは、自分の頭部だけでなく命自体を守る大切なものです。

薄毛との関係性があるからと言って、使用しないわけにはいきません。

ですから、できる限り薄毛の進行を抑制するためにも、自分に適したサイズのものを選ぶようにしましょう。

適切なヘルメット選びと適切な生活習慣こそが、薄毛予防の第一歩です。