育毛剤で逆にハゲることがある!?逆効果になるケースとは

育毛剤

育毛剤で逆にハゲる?その真相とは

抜け毛が増えたと感じたら、誰しも育毛剤でのケアを考えますよね。

育毛のファーストステップとして、期待をふくらませて挑むのは当然です。

でも、前よりも抜け毛が増えたような気がする…なんてこともあるようなのです。

抜け毛や薄毛を食い止めるはずの育毛剤で、なぜ最悪な状況が生まれるのでしょうか?

薄毛が止まらず進行して逆にハゲるなんてことになったらそれこそ大変です。

何より、こんなことを知ってはケアするのも怖くて前に進むこともできません。

そこで、育毛剤による逆効果の真相について迫ってみましょう。

育毛剤が逆効果に!?本当に逆にハゲることってあるの?

育毛剤のお値段はピンキリです。

人気の育毛剤を使っているのであれば、基本的にハゲることはありません

でも、ドラッグストアなどの市販で流通するものは、リーズナブルな価格が多くあります。

はじめての人がどんなものか少し試すにはちょうどいいかもしれません。

でも、安価な商品やあまり有名でないメーカーは、注意しておいたほうがいいでしょう。

下記のような理由により、少し抜け毛が発生したり頭皮トラブルにつながる可能性があります。

育毛剤で逆効果になる理由

それでは、育毛剤が逆効果になってしまう理由について解説します。

これからはじめたい人、すでにケアをしている人にも知って損はない情報ですよ。

それに、理由さえ知っておけばさっきまでの不安もきっと解消されるでしょう。

初期脱毛

初期脱毛とは、主に薄毛治療(AGA治療)をはじめると引きおこされる症状です。

薬の服用で、最初の2か月程度今まで以上の抜け毛が増えるといわれています。

抜け毛の程度は個人差が大きく、一時的に逆にハゲてしまうこともあります。

しかし、薬の効果が発揮されているから起こる症状なので、1,2か月程度で治まります。

今までの乱れたヘアサイクルから、強く丈夫な毛に生え変わるための脱毛です。

これは、薬でなくても、効果の高い育毛剤で発症する場合もあります。

初期脱毛を知らなければ、びっくりしてやめてしまう人もいます。

なので、はじめたばかりはあまり気にせずケアを続けることが大事ですよ。

育毛剤のつけすぎ

はじめての育毛剤は、どの程度の量を使えばいいのか分からないこともあります。

それに、しっかり頭皮に届いているのかも心配ですよね。

慣れるまでは少し多く使ってしまう傾向にありますが、慣れると自然に適量がわかります。

しかし、たくさん使った方がより効果が上がると勘違いしている人もいます。

このような考えの場合は、まさに逆効果にしかなりません。

どんなに高品質をうたっても、まったく刺激や添加物のない育毛剤などありません。

それだけでなく、もともと頭皮は皮脂分泌の多い場所。

育毛剤のつけすぎで過度な保湿になれば、頭皮トラブルに発展することもあります。

使用量や使用方法をしっかり確認して適切なケアをしましょう。

育毛剤の成分が頭皮に合っていない

どんなに低刺激な育毛剤でも、すべての人が安全に使えるわけではありません。

とくに、敏感肌の人は育毛剤の成分が刺激となって頭皮トラブルに発展することもあります。

炎症やかぶれなどが続けば、より多くの抜け毛を引きおこしてしまうでしょう。

さらに、育毛剤はたくさんの植物エキスなども配合されています。

特定のアレルギーがあれば、より頭皮トラブルのリスクが高まります。

なので、購入前には全成分をチェックしておくのがベストですよ。

とはいえ、1つずつ調べるのは大変です。

そこで、少しでも安心して育毛ケアがスタートできるよう頭皮にやさしい育毛剤を紹介します。

チャップアップ

1つ目にご紹介するのはチャップアップです。

年齢、性別を問わず多くの人に愛用され続けている育毛剤でご存知の方も多いでしょう。

チャップアップは数あるハゲる要因に対してアプローチするため、独自監修のもと成分を厳選。

効果が認められている有効成分3種類の他、豊富な天然成分と髪の毛の材料となるアミノ酸等で構成されています。

国内製造、商品検査も徹底している上、7種類の添加物を排除した作りで安全性も徹底していますよ。

今まで刺激の強い育毛剤を使って逆効果になってしまったという方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

公式サイトはこちら
クリックして5〜10秒ほどお待ち下さい

ポリピュアEX

2つ目にご紹介するのはポリピュアEXです。

ポリピュアEXもこれまでに500万本の売り上げを突破している、人気の高い育毛剤ですね。

目玉となるのは2つの独自成分ですが、海洋酵母由来のエキスで肌に優しく副作用の心配もありません

毛乳頭を活性化させる働きが期待される他、頭皮の保湿力にも優れ、髪の毛が成長しやすい環境へ整えてくれるでしょう。

また、5つの添加物がフリーなので、成分によって逆にハゲる心配もなさそうですね。

海洋酵母の効果に興味のある方は、一度公式サイトをチェックしてみてくださいね。

公式サイトはこちら

ペルソナ

最後にご紹介する育毛剤はペルソナです。

ペルソナは他にはない画期的なシステムを採用しています。

それは、まず遺伝子検査をしその結果を踏まえて、1人ひとりに合った育毛剤が届くというもの。

特に男性の場合はハゲる原因に遺伝子が深く関係しており、男性ホルモンが影響しているケースが多いのです。

根拠に基づいて的確に対応してくれるので、他の育毛剤で効果が表れなかったという方にもおすすめですね。

自分に合う育毛剤に出会えない…とお悩みの方はぜひ一度試してみてくださいね。

公式サイトはこちら

もし育毛剤を使って逆にはげることがあったら?

もし、育毛剤を使って逆にハゲるように感じたら以下のような対策をしましょう。

ただし、抜け毛が多くても頭皮に大きなトラブルがなければ初期脱毛の可能性もあります。

しっかり観察しながら判断してください。

使用を中断する

頭皮の痒み、ヒリヒリするなどの症状があれば使用を中断しましょう。

おそらく、合わない成分が含まれているはずです。

ちなみに、初期脱毛にこのような症状なく、単純に抜け毛が増加するだけです。

頭皮に異変を感じた場合は、逆効果にしかならないので注意してください。

また、メーカーによって解約ではなく、定期便を一時的に中断や休止できるものもあります。

頭皮の異常だけでなく、体調によっても使わない方がいい場合もあります。

体調やケアのペースに合わせて上手に定期便を利用しましょう。

病院・クリニックに相談する

初期脱毛なのか逆効果で抜けているのか判断するのは難しかもしれません。

その間、ずっと不安を抱えて過ごすのもストレスですよね。

そういう場合は、病院やAGA治療専門クリニックに相談してはいかがでしょう。

一般皮膚科でも抜け毛や薄毛の診察はできますよ。

専門クリニックほどの医療技術はありませんが、使っている育毛剤の相談はできます。

一度ドクターに頭皮の状態を見てもらえば、かなり心の負担が減るはずです。

まとめ

育毛剤で逆にハゲることになってしまう衝撃的な事実を紹介しました。

とくに、フケや脂漏性皮膚炎など症状の程度によって逆効果になるケースもあります。

なので、育毛剤が使える頭皮環境も必要ってことですね。

でも、商品によっては頭皮を傷めてしまうものもあるので気をつけましょう。

今回紹介した育毛剤のクオリティーなら、逆にハゲるなんてことはほぼ心配なく使えます。

安価な商品ほど、スカッとする爽快感や使用感重視の刺激的な成分が多く含まれます。

育毛のことを重視するなら、膨大な時間を研究に注ぎ開発するので価格も高くなります。

逆効果のリスクを限りなくゼロにするためにも、実績のあるメーカーを選ぶのが一番といえそうです。